今日のあーくん0(^-^)0 と ダダっ子ちゃん(●^o^●)

男の子二人の母ちゃんになってしまったワーキングマザー「まい」の(人´∀`) -&aモエ-や、Σ(゚д゚lll)エエェ~な、育児の日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうか温かい目で見守って・・・

<ダダの病後報告>
ダダですが、発疹が出てきたので小児科に行ってきました。
「突発性発疹かもしれないしー、
ヘルペス系の風邪の一種かも
しれないけど、まぁ何にしろ治療は要らないからー。
まぁ・・・もし今後突発になったら、風邪だったんだし、
ならなかったら、あぁ、これがそうだったのかな、
ぐらいの判断でいいんじゃない?」

だそうですー。まぁ、とりあえず分からないので、
三種混合追加の予防接種は、延期でございます(T_T)
が、差し当たり、このまま様子見でいいそうです。
心配かけてしまい、申し訳ありませんでした。


さて、今日の記事です。

24日(木)から、ダダの慣らし保育

(というか、午前中の2~3時間だけ母親と一緒に
 遊びに行くという形)

が、始まりました。

それで、思いだしたことを書こうと思います。



かれこれ、3~4年前の話です。

うちの長男、1歳3か月で保育園に行きました。

ベテランの保育士さんがいる保育園で、

とってもあーくんのことを可愛がってくれて、愛を注いでくれて、

感謝しても、しても、しきれないです。


しかしながら、

初めての育児で1歳の子を保育園に預ける。


3歳児神話なんかも気になって、

なんとなく私には後ろめたい気持ちがありました。

(科学的根拠はないそうですので、ご安心を。)


そんなある日、保育士さんのひとりにこう言われたんです。

090924-1


あーくんが、お友達を噛むんです。

 やっぱり、こんなに小さい体で、お母さんと離れて

 頑張ってる寂しさが、あると思うので、

 もっとスキンシップを取ってあげてください・・・。」


夕飯作ってる時もスリングに入れて抱っこしっぱなしだったし、

絵本も読んでたし、添い寝もしてた。

気合入り過ぎで疲れてるぐらい。(今は全然してないかも・・・)

でも、足りないっていう。。。どうしたらいいか分からない!!

もうね、抑え切れなくて、私その場で泣き出しちゃいました。

全部、私のせいに思えて、おかしくなりそうでした。


一人目の子供に対する愛情って、

私の中では激情に近いものがあって、

良くも悪くも、気持ちの振れ幅が大きかったところへきて、

このアドバイス。


間違いではないでしょう。そういう面もあったでしょう。


でもさ・・・。

私のこと責めてるんだな、

って思いました。



数日後、違う保育士さんにもあーくんがお友達を噛んだことを

報告されました。

でも、言い方はこうでした。

「ちゃんと見てたつもりだったけど、

 止め切れなくてごめんなさいね。

 でもね、片言だけど、『やーめーて!』って

 ちゃんと、あーくんは警告を発したのに、

 相手が止めなかったのよ。

 大人だって、言ってダメなら、方法は違うけど戦うでしょ?

 ちゃんと言葉が通じるようになれば、

 自然になくなっていくことだから、

 大丈夫だよ、お母さん。むしろ、

 あーくんはよく頑張ってたんだよね!」


えぇ、今度はうれし涙で、ウルウルになりました。

同じ事象から導き出される言葉が、全然、違いますよねー。

お陰さまでこの言葉の後は、笑顔で家に帰れました。



プロである先生であっても、

これだけの感覚の違い、配慮の差が

出るものなのだな、と実感した出来事でした。


で、今二人目のダダを育ててみて思うこと。

「ダダはまだ、

 ほとんど、ワタシと離れたことないけど、

 眠い時、お腹がすいた時・・・つまり

 機嫌が悪い時は、徹底的に噛んでくるジャン!!」


ってことです(笑)

あー、

愛情不足なのかしら・・・。」

なんて、長いこと悩まされたもんだ。


小さい子供を預けるっていうのは、

働く母にとっては、口では色々強がっていても、

きっと、心の負担になってることも多いのではないかと思います。


今は不景気で働く母が多くなっているそうですね。

こういう心の負担を背負ってる人も多いのかなー、

なんて思います。


どうか、温かい目で周囲の人々が

見守って下さいますように。。。


ポチッと押していただけると嬉しいです(*^_^*)
ポチって、何!?という方は ココ をクリックしてみてください♪






ありがとうございました♪



でも、よく考えると・・・

小さい子じゃなくても、他所の子と違う環境に

置いているっていうだけで、結構負担かなー(笑)

あーくんが、今後、早朝・延長保育になることも、

小学生になったら、毎日学童になることも、

やっぱり、心配だもんなー。


本人が心から楽しんでいてくれるならいいけど、

たまに、ワタシに気を遣って、「楽しい」っていってるんじゃないか、

とか深読みしようとしたりして。。。


ま、要するに・・・どんな状況であれ、

親って言うのは子供のことを心配する生き物だっていう

ことなのかな(笑)

長いつぶやきにお付き合いくださいまして

ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ:保育園児日記 - ジャンル:育児

*** COMMENT ***

NO TITLE

実は、息子の保育園の今年度の保育士さんとは、
ワタクシどうもソリが合わないんですよ(苦笑

細かく書くと愚痴のようなオンパレードになってしまうので、
自分のブログでも触れてはいないのですが、
内心「チッ、使えない!!ダメすぎる!!」と私は思っていますし、
おそらくは先方の保育士さん達も「ウルサイオヤジだな!!」と思っていると思います。

昨年の担当の先生と朝晩に会ってあいさつ程度の雑談をすると
ホノボノする自分がいます(笑
ああ、去年までは良かったなーって。

そんな中で、まさか息子の前でイヤなことは言いたくないので、
今の担当の保育士さんとは極力、必要以上の話はしないようにしているのですが、
そうするとカミさんから「様子が分からない。」とのクレームが入るんですよね。
それもまた面倒で面倒で…(苦笑

我慢するようにはしているのですが、かなりのストレス感じてます。。。

すごくよくわかります!!

言い方ひとつで気持ちって変わりますよね!
本人には責めるつもりはもしかしたらないのかもしれませんが
相手がどんな思考の持ち主かわからない以上
放たれた言葉で判断するしかないですもんね…。

人が悲しくなるような言い方には私も気をつけたいです。
なぜなら、私も傷つきやすいから~(^^;

あまり気にせず参考程度にお話を聞いても良いと思います!!
まいさんがお子さんをとても気にかけてるのよくわかりますから
あーくんのダダくんも感じ取ってくれてますよきっと。

それと…発疹のほうは大丈夫ですか??
大したことないと良いのですが……。

NO TITLE

なんだか泣けてしまいました~!
あ~ん!おかあさ~ん!
まいさんがワタシを泣かせるよ~!!!


すごくよく分かります!
オットの開業に合わせて4月から見知らぬ土地での生活がはじまります。
そこではshinをフルタイムで保育園に預けて働くことになります。
shinはその頃は2歳になりますが、とても抵抗があって不安です~。


>一人目の子供に対する愛情って、

私の中では激情に近いものがあって、


・・・その通りです。
頭ではイロイロと考えますがやっぱり子供を預けることは心の負担です。
うちはワタシの周囲がワタシに
フルタイムで働くことを望んでいるんですよね。
仕事を全面的にバックアップしてほしいというオットとも
オットと同意見の義母とも
離婚直前というくらいまで喧嘩しました。


でもまいさんみたいにワタシも働くお母さんになれるかな~
なりたいな~って思ったよ~!え~ん!!
何がいいたいのかわかんなくなっちゃったけど
ワタシ頑張るよ~

NO TITLE

とても感慨深く拝読しました。

まいさんとは似た境遇!なんて思っていましたが、私はトモを3歳で預けましたので、全然違うんですよね。
3歳までベッタリ一緒にいた子を預けるのと、1歳の子と離れるのとでは、お母さんの気持ちとしては全く異なります。

色々と悩んだでしょうね。
辛かったでしょう。
今後のことも心配ですよね。
私も来月からコウガを預けるのが不安で不安で仕方ありません。

でも、子供って結構順応性あるし、丈夫なんですよね。
それに24時間離れるわけじゃない。
一緒に起きて、一緒に保育園いって、一緒に帰って一緒にご飯食べて一緒に寝るんだ!と思うようにしています。

何でもかんでも問題が起こると「愛情不足」「愛情不足」って。
子供を愛していない親がどこにいますか。
「ストレスですね」って言っておけばいいと思ってる医者と同じだ!
ハイハイと聞き流しちゃいましょう。

少なくともあーくんはお利口に育っていますよ。
まいさんの育て方が上手なんですよ。
え?あ、うん、ウチも良い子に育ってますよ(オイ
私たち、育て方が上手なんですよー!!



NO TITLE

「愛情不足」って魔法の言葉なんですよね~。
あと「しつけがなってない」もエントリーさせて~!(吐啖)

私の思い出話もしていいですか? いいですか、ありがとう。
長男は近所の公立幼稚園に通っていたんですが特別支援を受けてました。
で、その時の支援の先生とソリがあわなくて(笑)
特別支援を受けている、という状況もあって、その先生からは
しょっちゅう「何かあったら相談してください」って言われるんですけど
相談するような事ってその頃にはもう無かったんですよ。
でも何度も何度も言われるから相談ごとを「ひねり出して」話してみたら
「少しでいいですから時間を作って長男君の話を聞いてあげてください。
がんばってくださいね」と言われました。・・・説教かよ!
っていうか何? そのハッキリしないふわっとしたアドバイス!!
私はまいさんほど切羽詰まってなかったですので泣きませんでしたけど
かなりイラッときました(笑)

まいさんもダダちゃんで保育士さんに同じ事(愛情不足)を言われたら
今度は泣かずにイラッとくるんでしょうね。ふふ。

あ、頑張るお母さんの事、子供はちゃんと見ているそうですよ。
大丈夫ですよ!!
              ~昼寝は日課! 頑張らない母より~

つらい思いを・・・・。変わってお詫びします。

保育士という職業柄、思わず「うーーーん」と読み入って
しまいました。プロという名の元に働くママにアドバイスをして
いるつもりが、追い詰めるような言葉を言うところがあるのが
保育士のように思います。同じプロとして謝りたいです。
事実何度も、そのような場面を見かけました。
わたしは、娘を1歳2ヶ月から、息子は4ヶ月から保育園に
入れて働きました。
なので、どんな思いで母が預けているかはよくわかって
いました。また、母と言う立場で保育士から言われた言葉に
涙したこともありました。文句を言ったこともあります。

残念ながら、保育士といってもいろいろな考えの人がいるのは
事実です。感覚の違いというか・・・。
なので、そんな保育士にはどれだけ話しても理解してもらえない
と思います。ある意味のあきらめが必要かもしれません。
でも、そんな人ばかりではありませんから!

あと、子どもを預けて働くことにある種の後ろめたさもあるかも
しれませんが、決して子どもにとってマイナスではありません。
よく「かわいそう」ということを言う人がいますが、離れている分
子どもと一緒の時にはしっかりと向き合っていますし、いつも
どんな時も子どものことを思っている!ということを子ども自身が
わかってくれるようになりますから!!

また「噛む」というのはまだ言葉で自分の思いを伝えることが
不十分な年齢の時によくあることです。
止められない保育士が悪い!
でも、止められないこともあって、そんな時には心から
「見ていながら、止められなくて申し訳ありません」と
お詫びするのが、プロです。わたしもそうしてきました。
スキンシップが足りないからではありません。
気にすることはありません。

自分の要求をうまく表現できない時には
「○○なのねーー、そんな時は・・・って言おうね」と
その都度タイミングよく言葉にして教えていくことで
表現の方法を身につけていきます。
それを教えていくのが保育士の仕事です。
なので、「そうか、お腹が空いたのね」と
言葉に出来ない気持ちを言葉にしてあげ、受け止めて
あげて「じゃ早く食事の用意するからね」と言うのが
保育士です!

どうぞ、心配なさらずに・・・といっても
いろいろ思ってしまうのが母なのですが、
きっとわかってくれる、味方になってくれる保育士も
いますから!その出会いに期待しましょう!

すみません、つい熱く語ってしまいました・・・・。


NO TITLE

一人目にかける愛情は、確かにすごかった気がしますね。
それが今や口の悪い悪たれ坊主になってしまっています(>_<)
「ババ」とか「きみこ(嫁の名前です)」とか「たいぞう」とか思いっきり口悪いです。
それに、聞こえていても聞こえないふりしたり、こやつはどうなってるんやといつも嫁と言っています。
それに比べて、あーくんはいい子に育っていますよね。
うらやましい・・・。

まあ、うちの3人はほんと個性が強すぎて毎日がバトルで大変です(^^ゞ
気が休まる日は、一日いえひと時もない気がします。
寝てくれている時が幸せです(爆笑)

NO TITLE

ダダちゃん、延期ですか・・かなし。

実は仕事のことを書きたくないので触れてないのですが
うちも1歳から預けてまして預けるときに相当まわりから言われました(≧д≦)
母親と一緒にいろだの、その類のことを…。

ホントにまわりの意見を聞いてたらキリがないけど、
母親って言われたことをすべて「自分のせいだ」って思っちゃうんですよね。
だって子どもと離れたくないのは他の誰よりも母自身なんですもの!
今でも登園初日の号泣っぷりは忘れられないです。゚(。>ω<)゚。

いろいろ優しく言ってくれる方もいますが
結局は自分を肯定するための言い訳にしか思えなくなっちゃって…。
保育園は良いこともたくさんあるけど、
そのうちひとつでも悪い部分があるとそこばかり気にして
子どもに負担なんじゃ…って考えてしまう。

でもまあ今じゃ笑い飛ばすぞーって思うようにしてます(*´艸`)
うちの子「忙しくて大変だね。手伝うよ」とか言ってくれるんですよー。
なので「かーちゃんはあなたのおかげで働けて幸せだよー」
って言えたらいいなあと思うけど実際はいっぱいいっぱいです・・・
だーーー反省ヽ(;´Д`)ノ

まいさん、がんばろうねえ。
子どもは仕事云々でなく頑張ってるかーちゃん、明るいかーちゃんが好きなんだよねえ。がんばろうねえ(*´艸`)

NO TITLE

わかりますわ~・・。
ワテはワダを6ヶ月で預けて仕事に行きました。

ワダは寝返りも歩く事も他の子より遅く、

先生は
「ほんとワダチャン大きいから抱っこがしんどいんです」
「ワダチャン大仏みたいに動かなくて・・」

もう色々言われました( *´艸`)
今は笑えますがね・・。

先生によって助言が違うもんね~。
しかし、カムってゆうのはやはり何か嫌な事されて
攻撃したんだと思う。
その先生はちゃんと見てなくて、結果だけで判断し
まいさんに言ったんでしょうね・・

やはり・・子供を産んで育てた経験のある先生と、
そうでない先生との
子供に関しての助言の仕方はかなりの差があると思います。

NO TITLE

物事は、見方によっても変わるものですよね。

私も入院のお見舞いなどで、気弱になっている人を見ると。

「これで済んでよかったね。もっと ひどくなる前で」と 言うようにしています。

頑張っては、簡単だけど。

心の折れた人には、逆効果。

「こんなに頑張っているのに、これ以上できない」って 思っているから

弱音を吐いているのだもの・・・

ゆっくり自分のペースで、子育てできる環境を作ってあげたいな。

できるといいね、そういう社会が。

NO TITLE

まいさんの悩み、うちの妻とすごくリンクします。
今年から大学に行き始めたため、長女は延長保育、次女は託児所に預けることにしたのですが、入学金を納める直前まで悩んでいました。

働きに行くわけではないので、妻は自分のワガママで子供に寂しい思いをさせてしまうのではないか、と言っていました。
でも、結果的には、次女は社交性が増して、幼稚園に入るための良い準備期間となりました。

子供って、親が思っている以上に、新たな環境に順応できるんじゃないかと思います。
以前、あーくんが保育園でストレスを感じていて・・・という記事を書かれていたと思いますが、まいさんの心配をよそに、あーくんは早々に保育園に順応していったように、きっとダダちゃんも大丈夫だと思いたいですね☆

でも保育士さんの言葉。。。
同じことに対して、こうまで表現や伝達方法が違うとは・・・
相手の気持ちを汲み取りながら、言葉を選ぶことの重要さを改めて思い知りました。

忙しくて余裕がないと(特に最近)、こういった気遣いができなくなりがちなので、僕も気をつけないと(・。・;

NO TITLE

1人目の子供にかける愛情ってハンパじゃないですよね。私もまさに激情でした。もうなんでもかんでも自分でしょいこんで、赤の他人からちょっと優しい言葉でもかけられようものならウルウルきちゃってたもの。←やばい精神状態だったよね。

私は預けた経験はないのでそういう悩みはないけど、以前保育士さんから聞いた話で。
保育園でバイバイする時は切ない顔をしない、満面の笑みでお別れする。子供に『ごめんね』って言わない。ママには元気に笑顔でお仕事に行って欲しいって。
うん。子供はそういうママが大好きだもんね。

NO TITLE

働いていなくても、子供のことより自分のことで気持ちがいっぱいのお母さんだっています。

まいさんは、いつもお子さんに向き合っていると思います。。。!!

その愛情が1番だと思います。

応援!♪

コメントありがとうございます♪

v-238A-Kenさんへ
先生とソリが合わない。
今後、学校に行くようになると、ますますありそうですよねー。(ため息)
全面的に合わないこともあり、部分的に合わないこともあり・・・。
うちのばぁさんは、語弊を恐れない人なので、
「親は学校(保育園)に子供を人質に取られてるから、先生のことは表面上だけでも立てとかんといかんの。」
と言ってました(笑)
私もね、今慣らしに行ってるんですけど、要注意先生がひとり・・・。あの方は、たまたま機嫌が悪かったのか、やっぱり子供が実は好きじゃないのか・・・「愛」が感じられませんでした。
でもねー。小さい子クラスは先生が何人かで見てくれる分、ちょっと気が楽かもー。多少は牽制し合うでしょ?って思って。年を重ねるごとに、先生がひとりになって行って、価値観がひとつになって行くのも、怖いですよねー。
子供の様子が分からないと不安ですよね。でも、聞かされた方がもっと不安になることもあったりして、ほんと、難しいです。距離の取り方が。
何のアドバイスも出来ない無力な私ですが、聞くだけでもよければ聞きますよ??

v-238ちびQさんへ
お陰さまで、発疹もひき、何食わぬ顔で、家の中を走り回っております(笑)
心配かけてしまい、申し訳ありませんでしたm(_ _)mそして、気にかけてくださって本当にうれしい!ありがとうございました(^o^)丿
保育士さんって、難しい仕事なんだろうなー、とは思うんですよね。
ここには、書いてないんですけどね、前者の保育士さんは、私が泣きだしたのを見て、むしろ嬉しそうだったなー。それをみて、またショックでね~(笑)
「働く母というのは、忙しいを理由にして子供をないがしろにしている!」とその保育士さんは思っていて、私が泣いたのは、それを反省したのだろう、と思ったからではないか、と。
子供のことはこの上なく可愛がってくれるので、感謝してますが、それも、「親に見捨てられた可哀想な子供たちを、私の愛情で救ってあげなければ!」ぐらい思ってんじゃないかと、思えたり。(僻み根性丸出し)
そう思うと、余計辛くてねー(笑)でも、今では過去の話ですもんね!引きずっていられないワ♪

v-238ayumiさんへ
辛かったですね。決意するのはとても大変だったでしょうね。
私も、1回目は復帰直前に何度ブレたことか。。。
「あ~、あーくんと離れられない!何か何もないのに泣けてくるー。もう、仕事辞めちゃおうかなー。でも、辞めたら、もう二度とこの仕事は出来なくなるんだよなー・・・。」って。
でも・・・それは、
こんなこと、私が言うまでもないことなんですけど、
これまで積み上げてきたayumiさんのキャリアをみすみす捨てさせてしまいたくないな、っていうzunさんとお義母さんの配慮でもあったのでしょうね。
つまり、「仕事ができる人だ!」という風に認められているということですもん。
それは、とてもありがたいことです。
お義母さんは、サポートすると仰ってくれてるのでしょうか??
もし、してくれると仰っているならば、育児サポートではなく、家事サポートをお願いするのがいいですよね!そうしたら、仕事から帰ってきたらshinくんとベッタリくっついて、濃密な時間が過ごせますもんね!

v-238アキさんへ
>「ストレスですね」って言っておけばいいと思ってる医者と同じだ!
ハイハイと聞き流しちゃいましょう。
ほんとですよねー。敏感に感じ取り過ぎ!ワタシ(笑)
あの時のワタシって、不安で仕方ないから、みんなに認めてほしかったんだと思うんですよねー。これでいいんだ、私は間違っていない、むしろ、優秀だ(←何を言うか!)
だからこうなっちゃう(笑)すっごく愛情を注いでいるようにみえて、実はむしろ主体が自分や息子になかったのかも知れないです。客観視が出来てないんですよねー。
うちのばぁちゃんが言うんですよ。私も長女で一人目なんですけど、
「一人目の育児は試し育児だから、失敗作。二人目以降から、ちょっとずつマシになっていくのさ」って。
ひどいでしょー!?ワタシ、失敗作なんですよ!!プンプンっ!!
つまり、「今」に精一杯で、長い目で見た育児がしにくいってことでしょうか?
次こそは!ダダのときにはやられないぞ!!
コウガくんも、きっと大丈夫!うちのあーくんは・・・激しいですけどもぉ~、1歳から預けたから、他所の子に比べて、問題がある!ということはないですから!(と、親の私は思ってます)
ほら、アキさん仰る通り、私たち子育てがうまいんですよ♪ルン♪

v-238きみこさんへ
まず、先に・・・えーっと・・・「吐啖」が読めません・・・orz
調べたけど・・・答えが分かりませんでしたー。教えてください。エヘッ♪(恥ずかしい)

>「愛情不足」って魔法の言葉なんですよね~。
あと「しつけがなってない」もエントリーさせて~!(吐啖)

ホントですよねー。世の母親たちは、この2つの言葉にどれだけ苦しめられていることかー!! 報道関係が「虐待」だの、「育児放棄」だのを声高に訴えすぎるからですかね?世間に牽制され、監視されてるような、不快さを感じます。あー、息苦しい~。。。
ワタシ、きみこさんから発せられる言葉にすごく惹かれるものがあって、どうしてこんなにも惹かれるのかなー、と不思議でした。(ほら、「残念な母」という言葉なんて、パクりまくりですしねー。ごめんなさい。)
それと、時折コメント返しで使われている「育てにくい息子ですが」のくだりも気になってました。
気付いてもらうまで、この2つの言葉や、無言のプレシャーで責められることも多かったのでしょうか?そして、イラッと来たということは、それを乗り越えたのですね。だから、私はその強さ、しなやかさに惹かれるのかもしれないな、って思いました。
きみこさんは、昼寝が日課でも、(いや、これも思いやりから発せられたウソかもしれない(笑))頑張ってると思います。私も続かなければ!!
そして、イラッ!ときても頑張って無視に留め、バトルしないように・・・気をつけよう(笑)

コメントありがとうございます♪

v-238osugi703さんへ
>同じプロとして謝りたいです
そ・・・そんなっ!!とんでもないですよ!勿体なすぎます。どうか、どうか頭をあげて下さいぃぃぃ~!!!
偏見混じりで話してもいいでしょうか?
この先生なんですけども、独身で30代後半だったんです。子供のことはとても好きみたいでした。
だから、許せなかったのかなー、と思いまして。「自分が親なら、こんな可愛い子供たちを他所に預けてまで働かないのに!」とか思っていたのかなぁ、と思うんです。
正直、「先生は結婚もしてなくて、子供もいなくて・・・、母親の気持ちなんて分かるはずないですもんね!」言いそうになったのをぐっとこらえたこともしばしば・・・。プロのプライドを傷つけてはいけないですもんね。しかし、難しいお仕事だと思います。どれだけたくさんの子供を保育園で見てきても、このひと言を言われたら、反論しにくくなりますもんね。
あーくんが年少の時に、育休になってしまい、保育園は強制退園になったのですけど、その先のことを相談した時も、
「これまで小さい体でお母さんもために、保育園に通わされていたのですから、年少までは家で見てあげてください!じゃないと、あーくんも納得がいかないと思います!」
とも言われて、ブチッとなりました(笑)
結局幼稚園には申込だけしておいて、後に本人に聞いたら、暇だから行きたいというので幼稚園に1年だけ行かせたのですけど。
多分、子供を保育園に預けることに反対の保育士さんだったのだろうなー、と。そこで働きながらも・・・。
でも、子供が好きでいてくれて良かったです。この根本が怪しい保育士さんもいますもんねー。今の私にとっての恐怖は、そこなのでした。どうかそういう保育士さんに当たりませんように・・・。

v-238うおさんへ
なんの、なんの・・・。我が家の長男も、ちゃくちゃくと言うことを聞かなくなってきてますよー。ダダへのとび蹴りは日常茶飯事になりつつありますしねー(ため息)
聞こえていても、聞こえないフリ。
うちは、テレビ見てると、耳の横で叫んでも、聞こえないようです(笑)
まー、どういう作りになってるのか、見てみたいです。
逆に考えれば、それだけの集中力を持ち合わせてる、とも取れますしいい方へ、いい方へ解釈しようと、懸命な毎日です。

v-238まりたまりさんへ
>だって子どもと離れたくないのは他の誰よりも母自身なんですもの!
そうなんですよね!そこがなかなか理解されないんですよねー。じゃ、どうして働くのか、じゃ、その思いを叶えるために、どうしたいのかって言われると、これまたキチンと答えられない、悲しい自分がいるのですけども(笑)

>保育園は良いこともたくさんあるけど、
そのうちひとつでも悪い部分があるとそこばかり気にして
すーーーーっごく分かります。これ、なりますよね・・・。保育園に入ったからこそ、お兄ちゃんたちを見習って自主的にトイレに行くようになったし、オムツも取れちゃった。言葉も早かったし。・・・で、喜ぶべきところを「あ~、早く成長せざるを得なかったのね。。。可哀想に。」と思っちゃったり。一体、どうしたいんだー!ワタシ!!
とにかく、家庭を明るく照らす太陽でなくちゃいけないですもんね!二人目育児。今度こそ、負けないぞぉぉぉぉ~!!(勝ち負けの問題じゃないか(笑))

v-238ワテさんへ
>やはり・・子供を産んで育てた経験のある先生と、
そうでない先生との
子供に関しての助言の仕方はかなりの差があると思います
なんとっ!何でわかるんですか!?ビックリしすぎて、「ぐぇいえっ!?」変な声が出ちゃいました。ワテさんのコメント読んだ時(笑)
そうなんですよー。この助言は独身で保育士経験の長い方が仰ったことばです。
たぶんね、「こんな可愛い盛りの小さい子を預けてまで働くなんて理解出来ない!私なら絶対しないのに!!」そう思ってたと思うんですよねー。
で、権限を行使して、たまに責めてくるんですよ。
まだ、子供を持つということに、夢と希望しかないからなのでしょうかね?そこには母親の自己実現願望とか、毎日の生活とか、いろいろなものが圧し掛かってくることはまだ、想像できないのかもしれないですね。
それに、いちいち反応しちゃう、自分の愚かさ(笑)もー、神経がピリピリしちゃってねー、一人目はこっちも初めてだから、どうしても過剰反応してしまいます。
今度こそ、乗せられないぞー!

v-238イヴママりんさんへ
>ゆっくり自分のペースで、子育てできる環境を作ってあげたいな。
そう言ってもらえると、本当に嬉しいです。
今の世の中、どうも「虐待」だの「育児放棄」だの言われ過ぎるせいか、なんか、息苦しいです(笑)
子供が少なくなって、子供がどんなものか分からない人が多いからでしょうかねー。ちょっと、子供が大人から見て、常識はずれのことをすると、「しつけがなってない」だの、「愛情不足」だの・・・。言いまでしなくても、目が言ってますもんねー。子供も失敗が許されないから、大変だと思います。失敗しないと、真の成長って、難しいと思うんですけどねー。

コメントありがとうございます♪

v-238まーかーさんへ
>働きに行くわけではないので、妻は自分のワガママで子供に寂しい思いをさせてしまうのではないか、と言っていました。
いえいえ、私もワガママで働いているんだと思います(笑)もちろん、生活にゆとりがあるわけではないですけど、同じ会社で働いている人が、そりゃー、慎ましくしているのかもしれないですけど、奥さんが働かなくてもやって行っている訳ですから、やろうと思って努力すれば、やれなくてはいけない。。。やっぱり、私が働くのは、私のワガママだと思いますもん。
それから、この保育士さんは、ご自分なりの思想があったのではないかと思うのですよ・・・。「小さい子を保育園に預けてまで働くなんて、理解出来ないわ!」というような。
薄々感じ取っていたにもかかわらず、いちいち反応してしまうワタシもダメなんですよねー(笑)なんか、たぶん、周りの人たちに「あなたは間違ってない。」って言われたかったんだと思います。
でも、周りが基準では・・・ブレまくってしまいますもんね。共感は得られたら嬉しいけれど、譲れないところは持ってないと。
今振り返ってそう思う出来事でした。
最後になりましたが、奥様、勉強頑張って!!

v-238おかーにゃんさんへ
>.赤の他人からちょっと優しい言葉でもかけられようものならウルウルきちゃってたもの。←やばい精神状態だったよね。
ホント!ほんとやばい精神状態でしたー(笑)嬉しい。分かってくれてすごく嬉しいです。あれって、何なんですかね?二人目はなんか穏やかです。3人目はどうですか??
そうなんですよねー。「ごめんねって言わない」これが難しかったです。その保育士さんに、何かにつけ、「お母さんのために子供たちは頑張っている」と言われるので、ものすごく背負わされるんですよねー(笑)
そして、いちいちウルウル来る。もう理性では止められない感情だけで突っ走ってる感じ。
くっそー!次こそは負けないぞ!!とっても明るく、楽しくお別れしてやるー!!

v-238とっすぃぃぃさんへ
とっすぃぃぃさんに特大の「愛」を!ブッチューv-207
もちろん、正面から受け取ってくださいますよね??
とっすぃぃっぃさんのコメントを見て、例の悲しい事件思い出しました。
自分に余裕がなくなると、私の場合周りに振り回されがちになっちゃいます。常に心に余裕を持てるように、頑張ろう!と思いました。
ありがとうございます♪
>応援!♪
重ね重ねありがとうございます♪

またきちゃいました♪

すごくよくわかります。
私は上の子を2ヶ月からあずけました。
一番最初に登園して、一番最後にお迎え。。。またはおばあちゃんが迎えに来る。
という生活の中、毎日お友達に噛み付き、私毎日他の親に会えないので
手紙で謝っていて、精神的に相当きつかったんですよ。
保育士さんは「さみしくて、がまんしてるからね。」ってそれもあると思うんですけど
今思うと、性格かなぁ。。。って。笑

働いてると子供になんとなく後ろめたい。。。ってあります。
周りの目も痛い。。。
子供が具合悪くても一緒にいてあげられないし。。。
実は親も相当いろんな精神的なもの、身体的なものがまんしてるんですよね。
本当に温かい目を!ですよね。

NO TITLE

以前、コメントしたのに、メンテ時間にぶつかり、コメント消え・・・つーことで、ふたたび遅れてチャレンジです。
私も1歳前から2人とも預け始めたので、当時はまだわからずじまいの姉妹に救われ、また一番初めに預けた無認可がとても良いところであったので、それにも救われたものの、当時のブログには「罪悪感」なるお題の記事がありました。
でも、それからかれこれ4年、やっとわかるんですが、子供は親が必死に働いていたり、いろいろ懸念していたり、ってことは分かっていると思うんですよね。うちは小さい頃から「お父さんも仕事、お母さんも仕事、あなたたちは保育園がお仕事だからね」と言い聞かせてました。
問題は、これからで、いろいろとわかるお年頃になってきてしまい、「あの子のママは毎日家にいるのに、どうして私は・・・?」って思うようになってしまうでしょうし、学童が居心地がいいところであればいいんですが、こればっかりはあたりハズレが保育園以上に大きいようで。。。
同僚たちのお子さんは小2ぐらいから1人でお留守番、かぎっ子になっている方も多く、それもまた母親の罪悪感を助長していくのかも、でも、やっぱり働かざるを得ない・・・という葛藤なんでしょうね。なんとか政府が学童も含め、整備して、せめて、居心地のいい居場所があれば、救われるんだけどなと思う毎日です。

はじめまして☆

1歳11カ月の息子がいる“まみ”といいます。
私も子供を1歳6カ月から保育所に預けました。
まいさんの気持ちよくわかります。
うちも慣らし保育の時早朝に預けて、お迎えは一番最後。。。
泣きながら走ってくる我が子を見て、悪いことをしてるようにしか思えなくて・・・

ある先生(主任)は「出来るだけ早く迎えに来てあげてください」って言うんです。私だってそうしたいけど出来ないのにって思ってて。
でももう一人の先生は「お母さんが“早く迎えに行ってあげたい”って思ってるだけでも違いますから。安全運転で来てください。」って言ってくれたんです。
私も保育所で泣いちゃいました(;^ω^)

ホントまいさんの言うように先生によって違いますよね。
私、今でも主任の先生が苦手かも(笑)

また遊びに来ますね~♪
応援ぽち★

コメントありがとうございます♪

v-238ぷみゅさんへ
えっ!?手紙で謝るということは、先生が誰に噛みついたか、噛みつかれたか教えてくるということですか??
「お友達を噛んでしまう」で、問題ないですよね?
それはー・・・。ちょっと保育士さんとしての資質を問いたくなる出来事ですね。やはり、皆さん仰っているように、その場にいる人が(無理な場合はあっても・・・)止めるべきことですもんねぇ・・・。
それは、辛かったでしょうね。そんな逆境の中、よく頑張りましたね!尊敬します!!
私も、お迎えの時、会社から保育園まで徒歩だったんですけど、全力疾走してましたもんねー(笑)通勤着で、全力疾走。あり得ない毎日でしたー。
子供が体調悪い時に一緒に居てあげられない・・・これほど辛いことってないですよね。。。今こそ私がそばにいなくてどうする!!って自分を責めてしまうこと、私もよくありました。
いつか・・・ぷみゅさんも、私も、報われる世の中になってくれることを祈りつつ・・・。

v-238ちゃいさんへ
ご・・・ごめんなさいぃぃぃぃ~!!メンテ突然ですもんねー。本当にすみません。
そっかぁー・・・ちゃいさんも「罪悪感」感じていらっしゃったのですね。いいこともいっぱいあるのに、どうして後ろめたくなるのか・・・脳の中がそういうシステムになってるのかなー。母子をなるべく離さないように。。。自然界にいたら、間違いなく離れた瞬間、「死」を意味しますもんね。
ちゃいさんのブログにお邪魔して、日々思うのは、まだまだ先は長いなー、ってことです。
>学童が居心地がいいところであればいいんですが、こればっかりはあたりハズレが保育園以上に大きいようで
ホントに、コレは大問題!ついでに我が市町村は少子化とは程遠く、どんどん子供が増えていて、学区の小学校が爆発寸前!いわんや学童をや・・・。
私立の学童っていうことも、視野に入れてみようと思ったのも、ちゃいさんのブログからです。
最低限の環境整備。これなくして、今後の就労人口が減る中で望まれている女性の就労率UPなんて語れませんよね。
そして、整備の観点を、「大人の都合」から、「通う子供たちの将来のため」に移して、真の整備を期待したいところです

v-238まみさんへ
>「出来るだけ早く迎えに来てあげてください」
私も言われましたー。何度も何度も・・・。私、通勤着のスカート、パンスト、ヒール靴で、会社から徒歩圏内にある保育園まで、毎日全力疾走してましたもん・・・。保育園に着くと、すっごい息があがっちゃってて、「お母さん、体調悪いんです・・・か?」って聞かれることもしばしば(笑)
なんで、こういう重荷を背負わすことを言うのでしょうかね?
最後には、「自分が早く帰りたいから、私を炊きつけて、自分のために早く迎えに来いって言ってるんじゃないの?」と、皮肉たっぷりに思ったりしながら・・・でも、走ってるんですよねー(笑)
先生だからと言って、仰ってることが全て正しいとは限らない。スルー出来る強さを身につけたいと思った出来事でした。
お互い、頑張りましょうね!!
>応援ぽち★
ありがとうございました♪

NO TITLE

まいさん、いよいよダダちゃんも保育園ですね~。
保育園に預けるって確かに、母としては、心配がいっぱいですよね。
私も、11月からいよいよ保育園生活ですが、かな~り心配ですもん。。
子供は可愛いですもんね、できればずっと一緒にいたいですよねー。

確かに、子供がいるからって、仕事が楽になったりするわけじゃないですもんねー。むしろ、残業できないから、ほかの人より、密度の濃い仕事してるんじゃってくらいですよね(笑)

保育士さんも、色々な人がいるんですね。悪気はないんでしょうか、言い方一つでだいぶ感じ方が違いそうですね。子供の面倒を見るのに加えて、働くままさんの大変さ、感じ方もちょっと考えてもらえると嬉しいですね!

私も、働くママになることを決めたので、色々とあると思うけど、頑張ろうと思っていマス!先輩、お互い頑張りましょうね!

コメントありがとうございます♪

v-238はるママteaさんへ
初めての職場復帰の前に、心配させるような記事を書いてしまって、ごめんなさい。
でも、ホントいるんですよねー。あまり働く母に対する理解がない人というのが、色んなところに・・・。こっちもそう思う気持ちが想像つくから、余計に傷ついちゃったりして(笑)でも、味方もたくさんいます!!選択した結果を後悔しないで、前向きに進める環境が整ってくれたら、本当にうれしいですよね!
はるママteaさんが、スムーズに職場復帰できるように、心から 願ってます。(っていうか、私もスムーズに復帰できますように・・・)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

あーくんとダダっ子は何歳!?

ブログランキング

ポチッ☆お願いします(*^_^*)

ポチって、何!? 
という方は ココ をクリック!
楽に押せる方法も載ってます♪
にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ
足跡機能です
よろしければ押してって♪
おきてがみ

ありがとうございました(^o^)丿

最新記事
プロフィール

まい

  • Author:まい
  • 入社して十余年、メーカー事務屋として働いています(*^_^*)
    イヤなことももちろんあるけど、基本スタイルは「働くことは楽しい♪」です。たまに、グチりますが・・・(笑)
    そして育児は…
    まさかこんなに子供たちに首ったけになるなんて・・・ビックリです^_^;

月別アーカイブ
最近のコメント

データ取得中...

カテゴリー
アクセスカウンタ
オンラインカウンタ

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム
あわせて読みたい!

あわせて読みたいブログパーツ

あし@

作ってみる?
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

バナー展示♪
リンク一覧

今、どんなもんでしょう?

いつもありがとうございます☆

毎週日曜日にリセットされます

BlogPeopleTrackbacks

ブログ内検索

RSSフィード
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。